結婚式の後に行われる二次会に必要な準備は何があるのか確認しましょう。

MENU

結婚式の二次会について

結婚式の後に、二次会を計画するカップルも少なくないと思います。
披露宴と違い、二次会ではある程度砕けた雰囲気の中で、親しいゲストとゆっくり話すことが出来ますし、新郎、新婦がお互いの友人を紹介できるので、披露宴とはまた違った楽しさがありますね。
今回はそんな二次会について、準備しておくことなどをご紹介します。

 

二次会の会場・時間帯を決める

二次会の会場イメージ画像

結婚式の3か月前には会場を決めましょう。
式場の場所やアクセスのしやすさなどから会場選びを考えることが多いと思いますが、人気の会場だと、直前には予約がいっぱいで抑えることが難しい場合があります。
挙式、披露宴の準備も何かと忙しくなる頃ですが、会場だけは早めに予約しておくと安心できます。

 

会場が決まれば、二次会の開始時間についても披露宴と逆算して決められますね。
移動の時間も含めて、ゲストに無理のない時間を設定しましょう。
披露宴の終了から二次会の開始まであまりに時間が空いていても、ゲストが退屈してしまいます。
ちょうどよい時間帯に開始できるためにも、会場の予約は3か月以上前にするのが理想的です。

 

幹事を決める

会場と時間帯が決まったら、幹事を決めましょう。
一般的なのは、新郎、新婦の親しい友人や職場の先輩、後輩にお願いするパターンですね。
幹事の方は当日以外でも、たくさんの準備をお願いする事になるので、なるべく新郎・新婦とコミュニケーションが取りやすい人が良いですね。
その点でも、気軽に連絡を取れる友人または毎日顔を合わせることのできる職場の方だと安心です。
さらに、二次会の幹事経験のある人なら、なお心強いですね。
そして、幹事さんにはなるべく早い段階で「何を・どこまで」お願いするかをきちんと伝えておきましょう。

 

内容の詳細を詰めて、最終確認

幹事が決定したら、いよいよ二次会の内容を細かく決めていきましょう。
新郎・新婦の知り合いに幹事をお願いする場合、内容を丸投げするのは良くありません。
サプライズなどの演出がある場合を除き、こちらも内容についてはある把握しておくようにしましょう。
また、幹事の人から内容について相談があったりした時はきちんと対応してくださいね。

 

ここで、二次会の内容で人気のあるものをご紹介します。

 

ビンゴ大会 王道のゲームですが、全員が楽しめるビンゴ大会はやはり盛り上がりますよね。

景品を凝ったものにすればより楽しめますよ。

歌やダンスなどの余興 披露宴での余興内容を二次会でもう一度することもあるようです。

二次会から参加するゲストもこれなら楽しめますね!

 

上記以外にも、ゲストや会場の雰囲気に合わせて、内容を検討してみましょう。
この時期は、会場とも最終打ち合わせを設け、音響・モニターの位置や会計を行う場所などもできるだけ細かくチェックしておきましょう。

 

披露宴と違い、2次会はある程度砕けた雰囲気の中での進行ですが、準備不足によって場が盛り下がることなどがないようにしたいものですね。