どんなジャンルのお料理でも重視すべきポイントは、見た目・味・全体的なバランスです。

MENU

食事

 

今回は『食事』の大事なポイントをお届けしたいと思います。

 

ゲストの方にお出しする食事は、
個々の考え方によっては、理想的な結婚式をイメージする際にあまり重視されないジャンルである場合があります。

 

ですが、結婚式は自分達だけで行うものではないのです。

 

そう考えると、『食事』は最もと言ってよいくらい重要なポイントとなります。

 

結婚式は、新郎新婦2人が満足すれば良いというものではなく、
ゲストの方をないがしろにすると、最悪の場合、今後の人間関係にヒビが入りかねません。

 

ゲストの方達は、当日時間を割いて、ご祝儀を持参して、新郎新婦のためにお祝いに駆けつけるのです。
その感謝の気持ちとしてより良い食事を提供するのは、結婚式を主催する新郎新婦の責任と言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

 

試食は必須

 

式場を契約し、打ち合わせがスタートすると、試食をする機会が訪れます。

 

この試食は、有料であったり強制ではないことがありますが、必ず行い実際の味を確かめましょう
そしてもし可能であれば、親御様にも試食に同席してもらい、一緒に食べてもらうのがベストです。

 

若い年代の自分達だけではなく、親世代にも見てもらうことで、
自分達だけでは知ることができなかった視点を得られる可能性があります

 

また、「お金がないから…。」と下のランクのお料理にしようとしていた時に、
「結婚式なんだからちゃんとしたお料理を出しなさい。」と援助してくれるキッカケになるケースも多いです。

 

 

 

料理のジャンル

 

お料理のジャンルは、
フレンチ、イタリアン、和食、中華、和洋折衷やいろんなテイストが混ざったお料理まで、種類は多岐に渡っています。

 

また、会場によっては、オリジナルな要望に対応してくれるところもあります

 

今では、ゲストの方のアレルギーに対して食材の差し替え対応をしてくれる会場は珍しくなくなってきましたが、
その他にも、お2人の出身地の食材を取り入れたコースを考えてくれたり、
和テイストのフレンチなんていうのも考えてくれることもあります。

 

料理は、自分らしさを演出してくれるものでもあるのです。

 

 

 

コース料理の流れ

 

コース料理の画像

コースのお料理は、どのジャンルのお料理であってもだいたいの流れが決まっています

 

まず前菜、次にスープ、お魚料理、お肉料理、デザートです。
パンやコーヒー紅茶などもついていたりします。

 

イタリアンの場合は、これにパスタが入ってきたり、
和食であればご飯(白米)などが入っていたりすることもあります。

 

 

 

料理の重視すべきポイント

 

どんなジャンルのお料理でも共通して重視すべきポイントは、やはり見た目全体的なバランスです。

 

どんなにお料理が美味しくても、
お皿にちょこんと乗っただけでボリュームがなさすぎるのはインパクトに欠けますし、
全体的な量が少なすぎると物足りなさを感じます。

 

見た目もキレイではないと、そもそも「美味しそう」というワクワク感が消えてしまいます。

 

また、味付けも極端に濃いものばかりではご年配の方には少々苦しいです。

 

もしコースの内容が選べるのならば、味が濃いものと薄いものを代わる代わる入れるなどの配慮や、
同じような食材が連続して出てきたりしないように注意することが大事です。

 

誰が食べても美味しく、満足してもらえるようなコースにするように心がけましょう。

 

 

 

ゲストの方にとってご結婚式当日の大部分の印象として残るのが「食事です。

 

食事の内容をしっかり考えなかった結果、
新郎新婦に対する評価が下がるという残念な結末になってしまったのを何度も見てきました。

 

また、「自身が出席した披露宴でお料理が美味しくなかったことがあったから、自分達は絶対料理にこだわりたい!」、
と強い想いで会場見学にいらっしゃるご新郎ご新婦様もいらっしゃいます。

 

それくらい、出席するゲストの方々に強く印象を与えるのが「食事」です。

 

現役プランナーとしては、食事に関しては手を抜かずにしっかりと決めて欲しいと強く感じている部分です。