ゲストの方に商品を自由に選んでもらえるカタログギフトが人気です。

MENU

引出物

 

今回は『引出物』についてお届けしたいと思います。

 

ご結婚式のご出席経験がある方は、きっともらったことがあるのではないかと思いますが、
引出物は、当日ご出席いただくゲストの方へお渡しするもので、
基本的には、引出物袋の中にまとめて入れて、ご披露宴のお席に置いておくものです。

 

ご夫婦やご家族でいらっしゃるゲストの方には、全員分は用意せずに世帯主の方のお席に置くのが一般的です。

 

親御様やご兄弟に関しては、元々はご結婚式自体が「両家が主催」という考え方でしたので、用意しないのが普通でしたが、
今はご新郎ご新婦様が主体となって行うケースも増えてきましたので、感謝の気持ちを込めて用意しても良いと思います。

 

ご祝儀制の披露宴の引出物袋の中身の構成としては、

 

①「記念品」(引出物と呼ぶケースもあります)+②「引菓子

 

が主流ではありますが、
最近は割り切れない『3』という縁起を担いで、もう1種類入れるのが増えてきました

 

その場合③は「縁起物と呼ばれます。

 

それでは、1つずつ詳細を説明していきます。

 

 

①記念品

 

引出物のメインとなるものです。
金額的には、いただくご祝儀の1割程度が目安です。

 

とは言え、ご祝儀というのは、当日になるまでいくらいただけるのかはわかりません。

 

ご友人であれば、ご祝儀の相場は3万円となりますので、3,000円くらいの物が一般的でしょう。
また、主賓のご挨拶などをお願いする上司の方などは、お礼も兼ねて5,000円くらい。
ご夫婦でご出席の方には、5~7,000円くらい。

 

ご親族の方に関しては、いただくご祝儀の額は全くわかりませんので、親御様にご相談された方が安心です。

 

人によっては、ご親族様に用意する引出物が5,000円~2万円程度など、本当に幅があります。
金額で迷った場合は、失敗がないよう多めに考えておくのをオススメします。

 

引出物は、人によって送り分けが可能です。

 

女性の方には女性に喜ばれそうなもの、ご年配の方にはご年配に喜ばれそうなものなど、
金額や種類をゲストによって指定できます

 

ただ、あまりにも送り分けの種類が多いと、当日のセッティングミスにも繋がりやすいので、
多くても5種類くらいに抑えた方がベターです。

 

昔から根強く人気なのはタオルや食器類ですが、最近ではカタログギフトを選ぶ方も多くなってきました

 

正直、その人がどんなものが好きか、今どんなものが欲しいと思っているか、
どんなものは迷惑に思うのかなんて、なかなかわかりません。

 

カタログギフトは、ゲストの方に商品を自由に選んでもらえるというのが人気の理由です。

 

 

 

②引菓子

 

バームクーヘンの画像

バウムクーヘンなどは縁起も良く、今でも人気ではありますが、
こちらも本当に多くの種類が存在します。

 

金額は1,000円程度が一般的です。

 

基本的には、常温で保存できるものがほとんどですが、
夏の時期にご結婚式を挙げる予定の方などは、
気温のことも考慮して選ぶと、ゲストの方にとっても良いかもしれません。

 

 

 

③縁起物

 

その名の通り、縁起が良いものを選ぶというのが一般的です。
鰹節、紅白のうどん、鯛に関するもの、新米(新米夫婦とかけています)などなど、こちらも様々な種類が存在します。

 

こちらも金額は引菓子と同じく1,000円程度が良いでしょう。

 

縁起物は、
記念品や引菓子ほど入っていないことでゲストの方からの印象が悪くなってしまうというほどのものではありませんが、
3~4品入れることが当然と考える地域があったり、
「以前出席した結婚式では3品入っていたのに、今回は2品?」と思われることも場合によってはあるかもしれません。

 

『3』という縁起が良い数字ということもありますし、せっかくなので感謝の気持ちとして入れてみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

ここまで引出物について詳しくご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

一生懸命考えれば考えるほど、何を選んで良いのかわからなくなりそうではありますが、
お2人が心を込めて選んだものであれば、きっとゲストの方々は喜んでくれるはずです。

 

引出物は、持ち込みが可能なものでもありますので(※有料だったり、可否は会場によります)、
お2人のオリジナル引出物なんていうのを考えてみるのも素敵かもしれません。